ODEKOの最新情報をメールでお届けします
 

About ODEKO

オデコとは

地域の大人を集めて、子供たちのためのあたらしい学びの輪をつくりたい 

「ODEKO」は、デジタル制作を生業に生活をしている、一介の母の思いつきから生まれたプロジェクトです。

その昔、西郷隆盛のふるさと薩摩藩には昔、子供のために「郷中教育(ごじゅうきょういく)」というシステムがありました。
たとえば川で魚を獲るやり方を、子供は近所のお兄さんの”先輩”に習います。誰を先生にするかは子供の自由。そして、その先生から教わったことを子供同士でも教え合うことで、生きるための技術を学んでいったそうです。

現代の子供たちには、学校というきちんとした学習環境があります。ですが、自分自身が社会人になって思うのは、学校ではない場所での出会いが、のちのち役に立つこともあったなということです。

先生ではない大人やお兄さん・お姉さんたちと地域の子供たちがゆるく繋がりながら、学校にはないが、生きる上で必要な”学び”に取り組むーーー。そんな場所を、自分の住む地域に作れたら。そんな想いからODEKOは誕生しました。

What we do?

なにをやるのか

子供の表現力を引き出す、デジタルワークショップ

ODEKOでは今後、主に5歳〜中学校くらいの子供たちに向けた「プログラミング」や「デジタルアート」のワークショップを企画していきます。
なぜ「プログラミング」なのか?それは第一に、主催者がその分野で仕事をしているので、教えやすいこと。 そして第二に、2020年から全国の小学校でプログラミングが必修になることで、世間的にもこの分野に注目が集まっているためです。
ただ、巷に増えている「ロボット教室」や「プログラミング塾」のようなガッツリとした内容は想定していません。あくまで内容はやさしく、子供たちそれぞれのイマジネーションを広げ、新しい技術も自在に使っていく気持ちを育てることを目標にしています。

  • 【夏休み自由研究】
  • プログラミングでドローンを飛ばそう!
  • 2018/8/4(土)・5(日)

近年、世間を賑わせている「ドローン」。 空撮や災害地での調査など、幅広い用途で世界中で使われています。

今回のワークショップでは、iPadでプログラミングをしながら、 人気のトイドローン「MAMBO」を実際に操縦する方法を身につけます。 曲がりくねコースを飛ばすなど、ちょっとしたミッションゲームも!

プログラミング初心者の子でも、サポーターのお兄さん、お姉さんと一緒に楽しく取り組める内容となっています。

※受付開始しました! 詳しくはこちらのページへ

対象:小学2年生〜5年生

会場:中津川市中央公民館

機材協賛:Parrot

イベントの詳細